コレクション: トレンツ・リャド / Torrents Llado

ホアキン・トレンツ・リャドは、スペインを代表する画家であり、「ベラスケスの再来」や「20世紀最後の印象派」と称される才能を持っていました。

リャドの肖像画はバロック絵画の巨匠ベラスケスを思わせ、風景画では光の画家モネを彷彿とさせる多様な表現力を示しました。

彼の作品は近接では激しい筆遣いと色彩の滴り落ちる様子を特徴とし、離れると突如として穏やかな作品に変わります。作品は四角いフレームを中心に配置され、その中から光彩が溢れ、見る者を惹き付けます。

リャドの没後25年以上経った現在でも、彼の作品は人々の心を揺さぶり続けています。

商品が見つかりません
絞り込みの数を減らす、またはすべて削除する